“お知らせ”の記事一覧

喪中についての…

「コタカ」店主爺の小高英二でございます。
私も本年実兄が亡くなりまして喪中の該当者となりました。しかも亡兄の命日が平成26年1月1日「元旦」という極めて微妙な「日」でありました。

そこであらためて「喪中の範囲・期間・例文」などを調べてみました。

昔の人は大したもので、法律で服喪規定が定められていたのですね。明治7年に太政官布告として忌中と喪中の期間を細かく定めています。勿論、昭和22年には、このような法令は廃止され現在はありません。しかし仏事の慣例として、色濃く残っているわけです。

下記は慣例としての一般的な事例です。ご参考となさってください。

喪中に該当する人の範囲と期間の例

20161002112927_00001

さあ…お決めになりましたら、喪中はがきのご準備をお始め下さい!

当店「コタカ」の喪中はがき印刷代(用紙代別途)

20161002094508_0000120161002105019_00001

私は店主で爺の印刷職人です。60年の間、喪中はがきと年賀はがきの印刷を手掛けてきました。
ガリ版からタイプ、活版からオフセット、そしてデジタル…変遷するシステムをその都度懸命に学びながら、手造り印刷として継続してまいりました。だから…

お客様のご希望を取り入れながらキャリアを生かした作品としての喪中葉書。そして当店自家製作工程につきお安い!

まずは、お電話ください!
常駐店番の店主職人がダイレクトにご応答申し上げます。

TEL・FAX 048-432-5062

 

 

万歳!賞状を戴いた!…でも、チームで1枚…

そんな時、「メンバー全員の努力の結果だ!みんなに渡したい!」

と思うのが、関係者の方々の思いでしょう。

今日、その賞状の複写のご相談を承りました。

当店では相当以前からこの「賞状コピー」のご依頼を戴いていて、試行錯誤しながら作業をしていて、最近では機器の進歩もあってお受けできる態勢となっていました。

しかし、その工程はコピー器とPC操作で見た目には簡単に見えますが、意外と細密な手作り作業となります。
従って原資と時間がかかってこれまた意外と経費が掛かります。

今日のお客様のご注文は「A3ワイド判8枚複写」

所用時間2時間、用紙25枚、コピー40枚。

戴きました料金は1800円。
保護者のお母様のお子様方への愛情、ご協力させて頂きました。

実は、一般的には 基本料金3000円+1枚300円  程度が標準となっているようです。
この計算では上記の料金は5400円となります。

当店では…今は、労賃はサービスとして原資の料金だけを計算して戴いていております。
標準の半額以下となっております。

20160917095557_0000120160917095557_00001

賞状・証書などの複写は、レプリカとしての個人使用に限定されていて、公的な使用は法令違反となるようです。
皆様ご存にのことと存じますが、念のため申し添えて…

複写ご要望の際は、ぜひご相談をお寄せください。

 

 

 

 

喪中葉書印刷…本日1番のご注文

20151007151831_0000120151007094214_00001

廻る年、今年亡くなられた親族の、想い出とともにお知らせのお葉書を…日本の昔ながらの習わしです。

喪中につき新年のご挨拶を失礼させて戴きます

古き良き昔ながらの習わしのです。
「すぐにできますが、お出しになるのは十一月半ばごろ」
と申し上げました。

自分でお造りになった文章で印刷したいとのお申し出。
そのお申し出に即応できる当店の手造り印刷をご存知の方でした。

早速準備…いえ、いつでも準備はできておりましすぐにできます。内容・様式・葉書用紙など、ご要望にしたがってお造りしております。しかもお安い。なにしろ職人のダイレクト手造り印刷ですから。

広告・見本など全然だしておりませんのに…
わざわざ当店指定でおいで頂いた今年最初の喪中はがき印刷のお客様でした。
有難うございました。

 

まだまだ夏です!サボテンの花

IMGP1400

サボテンの花「月下美人」

毎年さかんに咲いてくれるのだが、今年はスゴイ。
このところ毎朝満開!

しかも、今朝はいっぺんに一株に7輪!こんなのは初めて。

今年の暑さは別格なのだろう。

朝顔にノボリ取られて風まかせ

ご挨拶

残暑お見舞い…というより、台風お見舞い…と、申し上げたほうがよさそうです。

大型台風来襲!ノレンを仕舞わなければならない…かな?

当店、日頃、ノレンはだしっぱなし。
間口が狭いので、お車でのご来店のお客様が通り過ぎては大変と、常時張り出しているわけです。

どうも今回は相当でかい台風らしい…仕舞おうとしたら、

いつの間にか、朝顔の蔓が巻き付いて、はるか上の先端まで伸びている。
その勢いに思わず見とれて、やめました、ノボリ仕舞いを。

台風なんかどうでもいいや!

「朝顔にノボリ取られて風まかせ」

imgp1384

 

 

 

看板・ポスター・チラシ…よろずやコタカ自作自演

パウチ・ラミネート加工

コピー・プリント看板

サービスを盛り込んで新しく作り直しました。

いろいろと内容を考え資料を吟味し、試作しながら製作していくと、結構時間がかかります。
この2点で3日かかりました。
イラスト・文などの完全原稿を決定してから…「原版作成」は3時間。プリントアウトはセットアップして5分。印刷は1000枚30分程度。
つまり…企画・資料・立案・試作など完全原稿決定までに大変時間がかかるわけです。

「原版作成」についてのお願い

お客様からの「原版作成~印刷」のご注文は、お打ち合わせ済み次第すぐに着手して、殆んど1両日で納品させて頂いています。
この中の「お打ち合わせ」が、完全原稿からの「原版作成」なのか…
「企画・資料収集・立案・試作」を必要とする「原版作成」なのか…によって大変な時間と労力の違いとなります。

「原版作成」または「原版作成からの印刷」料金は、お客様のご注文内容によっての「お見積り」とお願いしている次第でございます。

祝!優勝!オリンピックだけではありません…

残暑お見舞い申し上げます…

残暑?そうざんしょか?まだまだ、白髪も茶髪に焦げる炎天下、とても爺は店前すらも歩けません。
それが、若さとはすごいなあ!
陽炎揺らぐ熱砂グランド甲子園…全国の球児の汗と涙のいよいよ頂点、優勝校は?

埼玉県の中学・小学校野球…「少年野球」の大会もありました。

その、「優勝旗」と「優勝カップ」の「リボン」に毛筆筆耕をさせて頂きました。
おめでとう!と、心の中で言いながら。

imgp1375

 

 

 

毛筆で…との、看板製作ご注文

imgp1366

時々こうした大きなものに毛筆筆耕をご依頼されることもあります。
日常的には、宛名書きや賞状・式辞など、書類のような小さなものにお書きするご依頼が多いのですが、毛筆書きは意外とジャンルが広く、思いがけないご依頼をいただく場合も結構あります。
傘・提灯・団扇・扇子などはむしろ標準的です。けん玉とか、ゴルフの球。けん玉は競技大会優勝記念、ゴルフ球はホールイン記念とのこと。これは苦労しました。

毛筆筆耕職人の自負…といえばきこえはいいですが、なんにでも書いてみようという好奇心があります。
何か毛筆書きにしてみようという試みがおありでしたら、ご相談をお寄せください。

料金としては定価はございません。その都度、ほとんど実費でのお見積りをしております。

ちなみに、画像の看板は2000円頂きました。資材はお持ち込み頂きましたが、研磨加工などの手間賃を含めての料金でした。

 

 

 

スピード名刺印刷…細かい印刷も出来ました!

20160801182324_0000120160801182348_00001

当店「コタカ」の爺店主の名刺

名刺を新しく作成しました。両面カラーで相当細かいので、昔からのベースがあったのですが、作成には約3時間かかりました。

名刺印刷の工程は、通常、文章・レイアウトなどの完全筆写原稿を作成して、それを見ながらPC入力して印刷原版を作成し、プリントをユーザに回して校正して頂いてから印刷、カット・選定・箱入れ・納品の手順となります。
しかも、これが肝心なのですが…イラスト・文案などの考える時間、つまりクリエイトの時間。これは大げさに言えば無限大です。

これを単品で2時間以内に仕上げるのは、相当な熟練を要しますし、集中作業が必要です。

実は、多方面で「安く・速い」と喧伝されている名刺印刷は「定形規格内・別版多面印刷」が「受注原則」となっています。 「ウソ」ではありませんが、それなりの営業上の「限界・原則」があるわけです。

当店「コタカ」のスピード名刺印刷…特急2時間!は単品・定形規格無制限での全工程の時間です

1ABBA446

特急2時間仕上げの条件として、できるだけ「オーソドックスな内容」とさせて頂いているのと、 料金2000円…原材料経費700円・職人作業労賃1300円…を実費と言わせて頂いているのを、お判り頂きたいと存じます。

ギフトサービス

ArcSoft_画像312

本日よりご来店・ご用命いただいたお客様にボールペン(パイロット製)

先客50名様

ギフト・サービスさせて頂きます。

御挨拶…「コタカ店主・職人、小高英二」でございます。
創業以来60余年、埼玉県蕨・川口・戸田・浦和の接点、蕨市北町で店舗営業しております。
思えば、時の流れで廃れ行く商店街の一商店が、このHP開設以来20年、埼玉・東京そして関東・関西・東北と広汎に亘るお客様から「継続の力」を戴き、今なお健在。この感謝をこめて、出来る限りお客様のご要望に沿うよう力を尽くす所存でございます。
ご相談やお問い合わせを、お電話でもメールでもお気軽にどうぞ!
職人店主が永年のキャリアをもとに、ダイレクトにご応答させて頂きます。
ブログTwitterFacebookInstagram オヤジ職人のセリフ、ご参考までに…

お問合せはTEL/FAX
048-432-5062
お問合せフォーム

メール
kotakaprint@nifty.com
にて承っております。
メニュー ページ
トップ