“お知らせ”の記事一覧

お待ち頂ける時間内に作れました!名刺・葉書印刷・宛名書きetc.

このところ、いろんなご注文でのお急ぎのお客様が増えました。「師走」先生も走っている季節となったのですねえ。
「すぐ必要なのだが、いつ出来る?」「これなら、お待ち頂ける時間内に、作りましょう」
状況次第ではありますが、つい言ってしまいます。

だって相当お困りなご様子なので、お役に立つならという思いが先に立ってしまいます。
自分でも大丈夫かな…と思いつつ。

もちろん、大至急となれば大量生産はできません。
ごく少量のご注文。
でもカタログ通りの料金で急行料金は頂いておりませんので、正直なところ「利益」にはなりませんが…

「お役に立つ」ということが、やはり「商売」の原点だと思っています。

なんて…口が過ぎまして、ドウモスミマセン。

お問い合わせは、ご遠慮なく、お電話で!
店主職人が、ダイレクトにご応答申し上げます。

TEL・FAX048-432-5062

 

 

、、、、

緊急!喪中はがき印刷すぐ出来ます

今現在は「年賀はがきの作成」がメインです。
一般には「喪中はがき」の印刷・手配はもう終わったとお考えです。

でも、ご準備手配が遅れた方もいらっしゃいます。
また、11月、12月にご親族が逝去され、急遽喪中となる方もいらっしゃいます。

「喪中はがき印刷」

当店「コタカ」は街の手造り印刷屋です。
ご注文を受け次第、即日作成・特急2時間!

まずはお電話下さい。職人店主がダイレクトにご応答申し上げます。

TEL・FAX 048-432-5062

はがき・名刺スピード印刷!特急2時間

特に…「喪中」のはがき印刷はお急ぎ下さい!

いますぐ発送しなければならないくらいです!

で…すぐにできます!2時間で!

年賀状印刷はまだゆっくりでもいいですよ、郵便局の受付は12月15日からなのです。

 

年賀はがき印刷…手造り製作です!

街の生き残り印刷屋です!

昔は「年賀はがき印刷」と言えば、街の小さな印刷屋のおやじが、活字を拾って植字製版してテキンでゴトンゴトンと一枚一枚印刷していました。細かい手間のかかる仕事なので街の印刷屋の領分でした。

今は、印刷システムは格段に進歩して、自動化・職人いらずの手間いらず…というわけで、大手の印刷企業が底引き網でさらってゆきます。で…街の印刷屋が消えてゆきました。

印刷システム進歩は、職人技能退歩?ともいえるのでは?

当店「コタカ」は、昔ながらの街の印刷屋として、手造り製作をしています。
さすがに「活字植字製版テキン印刷」ではありません…これは今や資材がありませんので。

デジタルプリントシステムではありますが、個々のお客様のご要望に応じて、応用変化が可能です。だって機器を職人が動かしているのですから…。そしてすべて自前だから早くてお安い…。

毎年、下記の通り年賀はがきの見本集16頁の小冊子を作成して、ご自由にお持ち頂いております。

お問い合わせは、どうぞお電話で…担当職人がダイレクトにご応答申し上げます。

TEL・FAX 048-432-5062

お急ぎ下さい!喪中はがき印刷!

11月1日。年賀はがきが発売されました。
年賀はがきの郵送受付は12月15日の筈ですから、大分先ですけれど、世の中、先手必勝と思う方々、時間たっぷりの方々、いろいろ一杯いらしゃいます。

「もう年賀はがき書いちゃった」という方々。必ずいらっしゃいます。

喪中のお立場のお方は、もう今すぐお出しになった方がいいと思います。

で…すぐできます。当店では、いつもの通り葉書・名刺スピード印刷!
当日仕上げ・特急2時間!

 

 

 

 

 

 

 

勿論喪中はがき印刷も同じこと!
おいそぎください「喪中はがき印刷}

お問い合わせは
TEL・FAX 048-432-5062

 

 

 

 

 

 

 

 

増えた…ご高齢の年賀状追加分、今後失礼…

10月下旬の今、本年お身内にご不幸のあった方は、喪中はがきの作成の時期です。
その喪中の文面中に、追加分のご要望が多くなりました。
きっとこれから始まる年賀状の文面にも同様の追加分が多くなると思います。

お年寄りが多くなっていく社会の流れが、こういううところにも表れているのでしょう。

もう、喪中はがきのご用意はお急ぎになるときです。
お問い合わせはご遠慮なくお電話で、ダイレクトに手造り職人がご応答申し上げます。

TEL 048-432-5-62

喪中はがき印刷承り…手造作業自家製作

原案自由・迅速・低廉…自家製作手造り作業ですから。

勿論、見本のままでもいいのです。でも、当店「コタカ」ではお客様ご自身がお造りになった自由な企画をお持ち込みになることが多いのです。これは「喪中はがき」に限りませんが…
もともと「印刷屋」は、お客様の原案通りご希望に従いながら作業を進めるものです。
ところが現代は、システム化されたサンプルを提示して、その中からお客様に選定して頂いて作成する、となっています。

当店の「自家製作手造り作業」のキャッチフレーズは「昔ながらのお客様のご要望に従った作業」という意味合いです。

何でもご相談をお寄せください。
TEL・FAX 048-432-5062

秋立ちぬ…喪中葉書のご準備を…

「喪中葉書」

本年1月1日よりご親近者にご不幸のあったお方。お年賀状はお出しになれません。事前に「年末年始のご挨拶失礼…」の喪中葉書をお出しになる必要がございます。

お亡くなりになった方のご供養とご通知を込めての葉書です。おろそかにはできません。

もう、そのご準備の時期となりました。

当店「コタカ」は、昔ながらの街の印刷屋として50年、自家手造り製作です。
だから、自由作文・敏速・低廉…

イラスト・書体・作文・用紙・納期など、お客様のいろいろな細かいご要望にお応えする事が出来ます。
もちろん「速くて安い!」

お問い合わせはご遠慮なくお電話でどうぞ。店主職人がダイレクトにご応答申し上げます。
TEL・FAX 048-432-5062

当店年中無休…連休中も営業!

当店では日祭日など休日に結構多くのお客様においで頂いております。

一番が名刺の作成、二番にパウチ加工、三番に毛筆宛名書きと熨斗袋名入れ、次にコピーとプリント。

つまり手造りの作業でのご注文です。

仕事をさせて頂きながら、「ありがとう!」と言っていただいております。お役に立った…その喜びを与えて頂き、こちらこそホント有難いことです。

この三連休もお待ちしております。
いらっしゃいませ!

ハンコ夏期スペシャルセール…実印まだの方チャンスです!

ハンコのサマーセールは珍しい…チャンス!

そうなんです。日本で生活するのには、実印と銀行印は必需品です。特に新生活に入って登録がまだの方は、このセールはお造りになるチャンスです!ぜひご利用を!

お問い合わせは
TEL・FAX 048-432-5062

 

御挨拶…「コタカ店主・職人、小高英二」でございます。
創業以来60余年、埼玉県蕨・川口・戸田・浦和の接点、蕨市北町で店舗営業しております。
このHP開設以来15年、埼玉・千葉・東京そして関東・関西・東北と広汎に亘るお客様にご応対させて頂けるようになりました。時の流れで廃れ行く商店街の一商店が、皆様から「継続の力」を戴きました。この感謝をこめ、出来る限りお客様のご要望に沿うよう力を尽くす所存でございます。
ご相談やお問い合わせを、お電話でもメールでもお気軽にどうぞ!
職人店主が永年のキャリアをもとに、ダイレクトにご応答させて頂きます。
ブログTwitterFacebookInstagram オヤジ職人のセリフ、ご参考までに…

お問合せはTEL/FAX
048-432-5062
お問合せフォーム

メール
kotakaprint@nifty.com
にて承っております。
メニュー ページ
トップ