“お知らせ”の記事一覧

筆耕とは?代書?代筆?

文章作成作業において、毛筆筆耕・ぺン筆耕・PC入力…などのフレーズは、今では一般的に使われています。

「筆耕」という言葉は、昔々の「謄写版印刷」の用語として生まれ使われていました。

約60年前、私は学生時代「謄写版印刷」の製版作業のアルバイトをしていました。

「謄写版印刷」とは、
1 和紙に蝋張りした「原紙」を、鉄板に賽の目を切り込み平板ヤスリ状にした「謄写版」にのっけて、キリのような「鉄筆」で字を切り込みます。つまり蝋原紙にヤスリで穴をあけて字を書いてゆきます・
2 その蝋原紙の上をインキをつけたローラを転がします。
3 下に置いた紙に穴点が線とな印刷される。
というシステムです。ナント…エジソンの発明ということでした。

主題に戻りまして「筆耕」という言葉は…ヤスリの上に蝋紙を置いて鉄筆で掘ってゆく作業「筆で耕す」、これを「筆耕」といっていました。当時この作業をする職人を「筆耕屋」と言いました。またの名を「ガリ版屋」。ヤスリを鉄筆で引っ搔くのだから「ガリガリ!」。侮蔑的な言葉のようですが、お客様から原稿をお預かりして、忠実にきれいに仕上げる、という技術・修練は当然必要でした。

今の「筆耕」という言葉は、ここから来たのだと、私は思っております。

 

 

 

祝!スタート

進学、入学、就職、栄転…

おめでとうございます!

新年度!毛筆・印刷・ハンコ・文具…etc.

当店60年のお役立ちキャリアのオンパレード!

昔しながらの手造り作業のレガシー職人が、なんでもご相談を承ります。
どうぞお気軽にお電話を!

TEL・FAX  048ー432ー5062

お客様用駐車場のご案内

当店の隣にお客様専用駐車場を確保しました。(2018年4月1日より)

お車でのご来店時は、ご自由にご駐車をお願いいたします。

駐車場が既に使用中の場合は、店の直前にご停車をお願いいたします。
店内から見えますので常時確認できます。

店の直前は御覧の通り。

昔の繁栄商店街の面影…今いずこ?
人もまばらで、車もあまり通りません。
この日、店内設置の君子欄鉢を外に出してのお水遣り。
君子欄の花、今年も見事に咲いてくれました。

 

 

本日4月1日、お客様専用駐車場を設置しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お車でご来店のお客様へ!

ご自由にご駐車をお願い致します。

取りあえず、ご通知申し上げます。

式辞…祝辞・謝辞・答辞など毛筆書きで…

卒業式

春です!
式辞の毛筆書きのご注文は、卒業式の「謝辞・答辞」が一番多くなります。

沢山の方々の代表として式場で読み上げる文書であり、また大切に保管される文書ですので、昔から「和紙に毛筆書き」が定例でした。

現代は「PC打ち込み・テンプレート」などが「キレイでハヤイ方法」だとされているようです。

ところが、近年は、毛筆書きで…とのご要望が多くなってまいりました。…なんでか?

 

やっぱ「和紙に毛筆書き」はいいですねえ!と見直されてきたようです。

当店オヤジ、このところ書きっぱなしです。と言っても丁寧・慎重に作成しているからですが…。

ご注文頂きまして有難うございます。
まだまだ余力はございますので、ご注文をお待ちいたします。

お問い合わせはご遠慮なくお電話でどうぞ!

TEL・FAX 048-432-5062

毛筆のご案内

賞状・表彰状をチームメンバーに…複写手造り作成

 

 

祝!

優勝!

入賞!

おめでとう!

 

皆の努力の結晶!皆で獲得した賞状・表彰状…でも団体だから1枚だけ。

なんとかして部員・団員・メンバーに…という監督・コーチ・父母の方々の温かいお気持ち…そこでコピーというわけです。
ところが賞状などの様式はそのままコピーしたのでは、全く違う感覚となってしまいます。

印刷用原版を作成して印刷プリントとして作成するという方法をとると、ほとんど同様なものが作成できます。

でも、これが結構手間がかかります。元賞状をPCに取り込んで、枠・背景・色・寸法などを細かく設定して印刷原版を作成し、賞状用紙を用意し、プリンターの設定をし…etc.

当店「コタカ」では爺職人店主が習い試した経験で、お客様のご要望にお応えします。安くて、速い、と自負しています!

お見積りや作成時間など、詳細はお電話でどうぞ!
TEL 048-432-5062

標準料金(税別)
★印刷原版作成代(固定基本料)…1000円
★賞状用紙代(1枚当たり)…100円
★カラー(印朱色)プリント代(1枚当たり)…200円
作成料金例…5枚作製の場合…1000円+500円+1000円=2500円

賞状の毛筆書き各種詳細はこちら→

 

有難うございます!Instaguramu konntesutoで賞を戴きました。

私…Eiji Kodaka…は当店「コタカ」のオヤジで、毛筆筆耕・プリント・ハンコの職人であります。
開業以来60年、長年培った手練手管を生かして、それぞれの分野の専門職人として働かせて頂いております。
その仕事の大部分を、このHPを見たというお客様から頂いています。

このHPを立ち上げた当時、何もわからずそれこそ手探りでPSに触っておりました。以後10数年、沢山の方々にお助けいただき、ご覧いただいているHPほかITのお陰で、各方面からお仕事を戴いております。

今回「蕨商工会議所主催・#蕨グラム・いいね1位」受賞とは!

何しろ傘寿に近いこの年寄り爺…全く思いもかけないことで「びっくり仰天」しているのが実情でございます。
まずは、皆様方に深く深く御礼申し上げる次第でございます。
#蕨グラム

 

ハンコ!スプリングセール!

卒業!入学!就職!…新年度に向かってご用意を!ハンコは必需品です。

さあ!コノチャンス!ご利用下さい!

ハンコの詳細ご案内は→

毛筆筆耕~新年度を迎えて

 

 

 

 

 

 

この2月から3月は、年度替わりの締めくくり。いろいろな式典に伴って表彰状・賞状・感謝状などの贈与が盛んにおこなわれる時期であります。

賞状毛筆全面作成、名入れ書き込みなどは、毎日のようにご注文を頂いています、有難うございます!

…賞状等についてのご相談!

通常のご注文以外に、賞状等についてお困りの方がご相談によくお見えになります。
◆コピーはできないか?
◆プリントは?
◆修正は?

など…どうぞご遠慮なくご相談をお寄せください。
筆耕職人の「店主爺」が出来る限りご応答申し上げます。

TEL・FAX048-432-5062

詳細は→毛筆筆耕

 

 

A2判のラミネート・パウチ加工

「昔ながらのよろずや文具店コタカ」…よろずや、つまり便利屋です。その一つ「ラミネート・パウチ加工」

このところ、大型のA2判を作成なさるお客様が大変増えました。有難いことです。

 

 

 

 

 

 

 

やってるところがあんまりない…とのことです。不思議ですが、人件費を考えると赤字となるらしいのです。

当店、店主が職人につき人件費はいらない…といったら婆さんに怒られましたが、まあそういうことでやってます。

いらっしゃいませ!お待ちしております!

詳細はこちら→ラミネート・パウチ加工

ページ 1/21123...1020...最後 »

御挨拶…「コタカ店主・職人、小高英二」でございます。
創業以来60余年、埼玉県蕨・川口・戸田・浦和の接点、蕨市北町で店舗営業しております。
このHP開設以来15年、埼玉・千葉・東京そして関東・関西・東北と広汎に亘るお客様にご応対させて頂けるようになりました。時の流れで廃れ行く商店街の一商店が、皆様から「継続の力」を戴きました。この感謝をこめ、出来る限りお客様のご要望に沿うよう力を尽くす所存でございます。
ご相談やお問い合わせを、お電話でもメールでもお気軽にどうぞ!
職人店主が永年のキャリアをもとに、ダイレクトにご応答させて頂きます。
ブログTwitterFacebookInstagram オヤジ職人のセリフ、ご参考までに…

お問合せはTEL/FAX
048-432-5062
お問合せフォーム

メール
kotakaprint@nifty.com
にて承っております。
メニュー ページ
トップ