雨の日の植木の水やり

梅雨…古来連綿と続く長雨の季節。
街の商店にとっては客足の遠のく鬱陶しい迷惑な季節です。
全国の農家にとっては有難い大切な季節、つまり日本の「自然」にとって絶対に必要な季節です。

こんなTVドラマがありました。
長雨が続くある日の江戸城の庭園シーン。
将軍 徳川家茂が、傘を差しながら「庭木」に水を注いでいるシーン。

長雨が続くある日の当店でも、
我が家のバアサンが、合羽を着ながら「植木鉢」に水を注いでいるシーンがありました。

「ドラマの将軍家茂」は、深い悩みの葛藤する心理の表現らしく、「認知症」になってしまった、という表現ではないようでした。
うちのバアサンも「認知症」ではありません。有難いことに元気そのもの。「葛藤する心理」もありません。

ではなぜ?{雨の日の植木の水やり」
植木鉢の大半は店内にありました。雨が降ろうが風が吹こうが関係なく、人様がどう見ようが関係なく、いつもの通り植木鉢は水が欲しいはずです。「水やり」は「思いやり」です。

「思いやり」…

近年、老人社会となり「認知症」の方々も多くなりました。かく言う私も甚だしき老人で、何時かは…の恐れもついて回ります。
鬱陶しいとはいっても、梅雨の長雨は必然の季節。「認知症」ましてや老人社会も必然というべきでしょう。
人々皆、お互いに「思いやり」の気持ちを大切にして行きたいものですねえ。

 

 

御挨拶…「コタカ店主・職人、小高英二」でございます。
創業以来60余年、埼玉県蕨・川口・戸田・浦和の接点、蕨市北町で店舗営業しております。
このHP開設以来15年、埼玉・千葉・東京そして関東・関西・東北と広汎に亘るお客様にご応対させて頂けるようになりました。時の流れで廃れ行く商店街の一商店が、皆様から「継続の力」を戴きました。この感謝をこめ、出来る限りお客様のご要望に沿うよう力を尽くす所存でございます。
ご相談やお問い合わせを、お電話でもメールでもお気軽にどうぞ!
職人店主が永年のキャリアをもとに、ダイレクトにご応答させて頂きます。
ブログTwitterFacebookInstagram オヤジ職人のセリフ、ご参考までに…

お問合せはTEL/FAX
048-432-5062
お問合せフォーム

メール
kotakaprint@nifty.com
にて承っております。
メニュー ページ
トップ