“2017年11月”の記事一覧

年賀状…手造り印刷!

年賀状印刷!年賀状印刷承り!

今や、スーパー・コンビニ・郵便局まで、呼び込みの最盛期!

当店昔ながらの街の小さな印刷屋。昔ながらのお客様に今年も来ていただいています。
「やあ!もう一年たった、速いもんだなあ」
「おー!お元気で、また会えましたなあ」
昔ながらの職人が、歳はとっても手造りで、お客様のお好みをお聞きしながら造っています。

 

 

 

年賀はがき印刷の変遷

なにしろ70年ぐらい年賀はがきの印刷をやっています。

戦後まもなくはガリ版刷りの年賀印刷。ガリ版?鉄板やすりに蝋原紙をのっけて、鉄筆でガリガリひっかいて書き込み、ローラーでインキを上からなすって紙に刷り込む…まあ説明はこんなところで勘弁して頂いて…

鉛の活字がいっぱいはめ込まれた棚柵から活字を選びだし、組板にはめ込んで作文する。活版組版をテキンという手漕ぎの印刷機ではがきに刷り込む…活版印刷。これ結構長く続いていました。

それから、タイプライター、そして写植による製版の時代を経て…

現在は、ご存知デジタル時代。
こんな印刷となっているわけです。

 

 

 

 

 

 

変遷しないのは当店「コタカ」の手造り作業です。

店のオヤジは、当初のガリ版時代からの生き残り老職人です。扱う機器は現代機器になりましたが、作業過程は手造りです。お客様のご要望を第一に、一品一品仕上げています。

もうこんな街の手造り印刷屋はなくなりました。
ス-パーなど今年は郵便局でも、賑やかに「年賀はがき印刷」のお客を呼んでいますが、みんな大手の窓口です。
昔は「年賀印刷」は街の印刷屋だけがやっていました。手間がかかるのと小回りなので、大手は関心なく、すべて下請け回しでした。
仲間がいなくなって、いささか寂しい想いです。

 

 

ラミネーネーターA2判新機種設置

今までは、A3までの機種でした。6年前に最初に設置してから4代目となります。
実は、3台とも取扱不良の状況で壊してしまったのです。ラミネーターの扱いは簡単なようで結構難しいものでした。
その経験を踏まえて、これからは大丈夫だろうと、今回は、今までより相当高価な大型ラミネーターを購入して店内に設置した次第です。
以前から、A2判ラミネート加工のご要望をお客様から頂いておりました。
取り扱いが「熟練」と言える段階で購入した…といううわけで、ぜひご利用頂きたいと存じます。

御挨拶…「コタカ店主・職人、小高英二」でございます。
創業以来60余年、埼玉県蕨・川口・戸田・浦和の接点、蕨市北町で店舗営業しております。
思えば、時の流れで廃れ行く商店街の一商店が、このHP開設以来20年、埼玉・東京そして関東・関西・東北と広汎に亘るお客様から「継続の力」を戴き、今なお健在。この感謝をこめて、出来る限りお客様のご要望に沿うよう力を尽くす所存でございます。
ご相談やお問い合わせを、お電話でもメールでもお気軽にどうぞ!
職人店主が永年のキャリアをもとに、ダイレクトにご応答させて頂きます。
ブログTwitterFacebookInstagram オヤジ職人のセリフ、ご参考までに…

お問合せはTEL/FAX
048-432-5062
お問合せフォーム

メール
kotakaprint@nifty.com
にて承っております。
メニュー ページ
トップ