“2017年9月”の記事一覧

街の印刷屋で~す!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日、9月20日お彼岸の入り。

「街の印刷屋さんは、昔はよく見かけたけれど、今はなくなっちゃたね、大分探したよ」と、ご来店のお客様。
法事ご案内のはがき印刷のご注文を戴きました。

当店、昔ながらの街のよろずや文具店「コタカ」。
このご時世、文具屋だけでは成り立ちません。印刷・はんこ・毛筆筆耕・パウチ・ラミネート加工・コピー・プリントなど…手造作業の造営に努めて数十年、継続は力となって、街の便利屋・萬屋として、皆様にご利用頂いております。特に「HPを見た」と言ってご連絡・ご来店頂くお客様が、大変多くなりました。本当に有難うございます。

ご注文を承るのはもちろんですが、お問い合わせ・ご相談を何でもお寄せ下さい。
キャリアだけは十分な、店主で職人で爺が常住坐臥、ご連絡を承わっております。

TEL・FAX048-432-5062

お彼岸…法要…お墓参り

お彼岸近く…法事などのご案内往復はがき印刷を承り…が多くなりました。

作成に当たって、日時・場所・・戒名・住所・氏名などの書き込み原稿は当然ながら必要です。文章やイラストは、ほとんどの場合、見本をお見せしてアウトラインのご指示を頂きながら、当方にお任せ頂いております。

職人と相談しながらの手造り製作ですから、お好みのご案内状が出来上がり、しかも直だからお安い。
もっとも、この状況は、当店の手造り製作「名刺印刷・毛筆筆耕・はんこ・パウチ…」についても同様ですが。

とこらで、今日、こんな問題が
「塔婆を作るのには、応募してもらわなければならないが、どのように書いたらよいか」
簡単なようで、迷いました。

皆さんならどうゆう文面を思いつかれますか?

ついでながら、「塔婆」とは何でしょう?
調べたら、インドでお釈迦様のお墓のことを「ソトーバ」というのだそうで、漢字で「卒塔婆」となったそうです。
なんとなくわかりますね。

 

 

御挨拶…「コタカ店主・職人、小高英二」でございます。
創業以来60余年、埼玉県蕨・川口・戸田・浦和の接点、蕨市北町で店舗営業しております。
このHP開設以来16年、埼玉・東京そして関東・関西・東北と広汎に亘るお客様にご応対させて頂けるようになりました。時の流れで廃れ行く商店街の一商店が、皆様から「継続の力」を戴きました。この感謝をこめて、出来る限りお客様のご要望に沿うよう力を尽くす所存でございます。
ご相談やお問い合わせを、お電話でもメールでもお気軽にどうぞ!
職人店主が永年のキャリアをもとに、ダイレクトにご応答させて頂きます。
ブログTwitterFacebookInstagram オヤジ職人のセリフ、ご参考までに…

お問合せはTEL/FAX
048-432-5062
お問合せフォーム

メール
kotakaprint@nifty.com
にて承っております。
メニュー ページ
トップ