喪中についての…

「コタカ」店主爺の小高英二でございます。
私も本年実兄が亡くなりまして喪中の該当者となりました。しかも亡兄の命日が平成26年1月1日「元旦」という極めて微妙な「日」でありました。

そこであらためて「喪中の範囲・期間・例文」などを調べてみました。

昔の人は大したもので、法律で服喪規定が定められていたのですね。明治7年に太政官布告として忌中と喪中の期間を細かく定めています。勿論、昭和22年には、このような法令は廃止され現在はありません。しかし仏事の慣例として、色濃く残っているわけです。

下記は慣例としての一般的な事例です。ご参考となさってください。

喪中に該当する人の範囲と期間の例

20161002112927_00001

さあ…お決めになりましたら、喪中はがきのご準備をお始め下さい!

当店「コタカ」の喪中はがき印刷代(用紙代別途)

20161002094508_0000120161002105019_00001

私は店主で爺の印刷職人です。60年の間、喪中はがきと年賀はがきの印刷を手掛けてきました。
ガリ版からタイプ、活版からオフセット、そしてデジタル…変遷するシステムをその都度懸命に学びながら、手造り印刷として継続してまいりました。だから…

お客様のご希望を取り入れながらキャリアを生かした作品としての喪中葉書。そして当店自家製作工程につきお安い!

まずは、お電話ください!
常駐店番の店主職人がダイレクトにご応答申し上げます。

TEL・FAX 048-432-5062

 

 

御挨拶…「コタカ店主・職人、小高英二」でございます。
創業以来60余年、埼玉県蕨・川口・戸田・浦和の接点、蕨市北町で店舗営業しております。
このHP開設以来15年、埼玉・千葉・東京そして関東・関西・東北と広汎に亘るお客様にご応対させて頂けるようになりました。時の流れで廃れ行く商店街の一商店が、皆様から「継続の力」を戴きました。この感謝をこめ、出来る限りお客様のご要望に沿うよう力を尽くす所存でございます。
ご相談やお問い合わせを、お電話でもメールでもお気軽にどうぞ!
職人店主が永年のキャリアをもとに、ダイレクトにご応答させて頂きます。
ブログTwitterFacebookInstagram オヤジ職人のセリフ、ご参考までに…

お問合せはTEL/FAX
048-432-5062
お問合せフォーム

メール
kotakaprint@nifty.com
にて承っております。
メニュー ページ
トップ