なんと読むのでしょうか?毛筆書体「刻字」

1メートルに及ぶ大きな刻字額。勿論手彫りの実物ですから世界に一つしかありません。ひっそりと当店の奥に掲示されてております。

PENTAX DIGITAL CAMERAPENTAX DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

「刻字研友会」主幹 佐藤聖峰先生の作品です。

先日ご自宅に訪問した際に懇願して頂戴してしまいました。

なんと読むのか?そうです。「花」ですね。隷書体と思います。

篆書から隷書、約2000年前の碑文文字を繰り返し臨書して…和紙に清書して…木板添付して…コツコツと刻字…

彫刻は凹ではなく凸です。なお迫力があります。

実は汚れるのを避けるために工夫してラミネートフイルムで覆ってしまいました。

で、写真ではその迫力がいささか…ですが痛むのは嫌だからそのままにしています。

先生曰く「まだまだで、日々研鑚、これからです」

 

御挨拶…「コタカ店主・職人、小高英二」でございます。
創業以来60余年、埼玉県蕨・川口・戸田・浦和の接点、蕨市北町で店舗営業しております。
このHP開設以来15年、埼玉・千葉・東京そして関東・関西・東北と広汎に亘るお客様にご応対させて頂けるようになりました。時の流れで廃れ行く商店街の一商店が、皆様から「継続の力」を戴きました。この感謝をこめ、出来る限りお客様のご要望に沿うよう力を尽くす所存でございます。
ご相談やお問い合わせを、お電話でもメールでもお気軽にどうぞ!
職人店主が永年のキャリアをもとに、ダイレクトにご応答させて頂きます。
ブログTwitterFacebookInstagram オヤジ職人のセリフ、ご参考までに…

お問合せはTEL/FAX
048-432-5062
お問合せフォーム

メール
kotakaprint@nifty.com
にて承っております。
メニュー ページ
トップ